環境について

 

 良い家の条件とは、敷地を十分に調査し、敷地の形状・高低差は勿論の事、周りの景色の見え方や光の差し方、風の抜け方、雨の流れ方、周りの音等を考えそれらをどんな形で反映できるか(どのように感じられたらもっともよいのか)ということです。
 また、内部の環境としては、人にやさしい家を造るということです。それは自然素材を使う家であったり、子供や老人にやさしい家であったり、省エネ住宅であったりします。これらの事も総合的に考えなければなりません。
 勿論、高品質な家をローコストで建てるという事も重要な要素です。

 

前へ<     >次へ