素材について

 建物の材料は多種多用です。また、毎日のように新しい素材や材料が開発されています。おしゃれなもの、便利なもの、反対にすたれていくものもあります。基本的には自然素材や本物を多く使おうと考えています。石・土・木・紙・などです。体にもやさしいし、飽きがきません。

 合板でも表面が材質そのものでプリント合板などではないものを。木でも節があっても無垢材を勧めております。選べば結構安価で購入できます。

 集成材でも表面貼りものではなく無垢集成という具合です。張替ができるからとビニールクロスのような新建材はあまりお勧めしません。

 

 また、特に工事に参加したい建主には、左官仕事や塗装仕事もできる範囲で手作り(DIY)をしていただいています。さらに愛着が湧き、将来のメンテナンスにも役に立ちます。

 長く住みつがれるために、手を加えることも大切と考えています。

前へ<     >次へ