· 

人と人との繋がり

私が県外で暮らしていた頃にお世話になった飲み屋がありました。

先月そのお店が55周年を迎えたということで、まさしの餃子を送らせていただきました。

その話については以前にブログでお話しさせていただきましたが…。

 

さて、先日そちらのお店から日本海名産をいただきました!

まさしの餃子のお返しだそうです!

焼いて食べてみたところ、味がとてもしっかりとしていて、びっくりするほど美味しかったです!(語彙が乏しくてすみません…。)

 

私が今まで知り合った方たちはとてもいい方が多く、以前に大阪の友人からお菓子の詰め合わせもいただきました。

ブラックサンダーが好きな私のために送ってくれました。笑

この栃木県に居ながら、日本最北端と日本最南端の味を同時に堪能することができました!

 

 

こういった人と人との繋がりというのは、いつまでも大切にしていきたいと思います。

 

人は誰しもひとりでは生きていくことはできません。

誰かの助けがあり、生きていくことができるのです。

もしかしたら私も、私の知らないところで誰かの助けになっているかもしれません。

 

人と人とが繋がって誰かの生活を支え合い、人と人とが繋がって誰かの夢を叶えている。

だから私は誰かと繋がっていたいのかもしれません。

多くの人たちと繋がり続ける…それは私の一つの夢でもあります。

 

 

夢と言えば、私の幼い頃の夢は忍者になることでした。笑

多くの方は「忍者」と言われると黒い衣装を身にまとった姿を想像されるかと思いますが、私がなりたかったのはなぜか白い衣装を身にまとった忍者でした。理由は覚えていませんが…。

 

それにしても白い衣装を着ていたら目立って仕方ないですよね。

映画で言えば、開幕5分くらいで一瞬にして敵にやられてしまいそうな感じです。

それでもラストシーンには笑いながらひょっこりと「俺のことも忘れちゃいないかい?」と言って登場する陽気なキャラ、そんな忍者になりたかったのですかね?

もちろんその時の吹き替えは山寺宏一さんで。

writer:Arata Iso