· 

外部塗装工事の様子

当社の新事務所の「バルコニー菜園のある家」ですが、外部の塗装工事を行ったので写真をアップしたいと思います!

今回の塗装工事では、破風・鼻隠し・軒裏・梁などを塗装しました。

建物全体の写真で屋根部分を赤い丸で囲んである

こちらの写真の赤い丸で囲まれた部分になります。

 

この「バルコニー菜園のある家」で使った塗料は、Planet Japanさんの『ウッドコート ライトオークル色』になります。

木目を残した明るめの色に仕上げたかったので、こちらの塗料を選ばせていただきました。

 

 

まずは破風・鼻隠し部分ですが、

塗装前の鼻隠しのアップ写真

こちらは塗装前の写真です。木の本来の色ですね!

 

ここから、

1度塗りした後の様子で鼻隠しは茶色に近い色に染まっている

1度塗りを行った後の写真です。少し色が変わってきましたね!

こちらは2度塗り用の塗料なので、完全に乾いてからもう一度塗っていきます。

 

2度塗り後の写真がこちら。

2度塗りした後の写真で鼻隠しの色がさらに濃く塗装された

木目の残った明るい色になり、とてもいい感じに仕上がりました!

こうやって写真を並べてみると色の変化がはっきりと分かり、とてもおもしろいです。

 

 

続いて軒裏です。

塗装前の軒裏の写真で色は木の本来の色である
塗装後の軒裏の写真で色が茶色がかっている

1枚目が塗装前の写真、2枚目が塗装後の写真です。

こちらもいい感じの色に染まっています。

ちなみにこの軒裏にある小さな穴ですが、こちらは屋根の通気層の穴になります。ここから屋根内の空気の入れ替えを行うのです。

そちらに関しては8月11日のブログ「屋根工事の様子(その2)」で説明しておりますので、そちらをご覧になっていただけると嬉しいです。

 

 

次にバルコニー上部の梁の写真です。

バルコニー上部は塗装されているが柱はまだ塗装されていない

こちらの写真を見ていただくと、塗装してある部分と塗装していない部分の色の違いがはっきりと分かると思います。

 

 

そして建物全体の写真がこちら。

塗装後の建物全体の写真

太陽光の当たり具合で色が分かりづらくなってしまっていますが、そこはご了承ください。

 

さて、今回は外部の塗装を行いましたが、まだ塗装工事が終わったわけではありません。

工事の進み具合によって早めに塗装をするところ、あとになってから塗装をするところと分けているのです。

 

それは塗装工事だけではなく、家づくりの工事全般にいえることなのです。

家づくりでは多くの専門業者が工事に入ります。同じ個所の工事が重なってしまい、互いの仕事の邪魔となってしまっては工事が捗りません。

なので、いくつもの専門業者と連絡を取り合って「いつ・誰が・どこの工事を・どこまで行うのか」をスケジュール管理する必要があります。

たくさんの人、たくさんの努力が積み重なって、ひとつの家が完成するのです。

だからこそ私たちにとって作り上げた家にはどれも愛着があり、全てがオリジナルの家なのです。

 

 

話が逸れてしまいましたが、今日のご報告はここまで!

また工事が進んだら近況をアップしていきますね!

 

 

 

---あとがき---

 

連日続く熱帯夜。

寝床についたのは寝室だったはずなのに、

目が覚めたのはエアコンのあるリビングでした。

夢遊病かな?

writer:Arata Iso