· 

サッシ、外壁等の工事の様子(その1)

本日は当社新事務所「バルコニー菜園のある家」の窓サッシや外壁の工事の様子を見ていきたいと思います。

 

外壁の工事に取り掛かるより前に、窓サッシの下地の施工を行っていきます。

それではこちらの写真を見てください。

窓台や窓まぐさなどを映している写真

さて、こちらの写真の赤色の矢印で示されている部材を「窓台」・「窓まぐさ」と言います。

どちらも横方向(地面に対して水平方向)の部材です。

 

この2つの部材を簡単に説明すると、

「窓台とは、窓の下に入れる補強材のこと」

「窓まぐさとは、窓の上に入れる補強材のこと」

となります。

なのでこの2つの部材の間に窓が取り付けられるようになるのです。

 

そして、黄色の矢印で示されている部材を「間柱(まばしら)」と言います。

間柱とは、柱と柱の間にあり、壁を支えるための小さい(細い)柱のことです。

 

このように窓廻りの下地が完成したところで、次は外壁の工事に移っていきたいと思います。

こちらの写真を見てください。

耐力面材の施工前の様子

さて、建物の外周をブルーシートで覆っている写真が出てきました。

これは雨で木材が濡れないようにしているのですが、一部ブルーシートがめくれ上がっていますね。これからこの部分に耐力面材を施工していきます。

 

1階部分に耐力面材が張られている

このようにボード状の材を施工することで、建物の耐震性や気密性を高めるのです。

 

建物全体に耐力面材が張られている

そしてこの耐力面材を建物の外壁部全体に施工していきます。

ちなみに2階に縦長にボードが開けられているところがあるかと思いますが、ここには後に窓が取り付けられます。

 

耐力面材を施工した後は、次に透湿防水シートを貼っていきます。

建物全体に透湿防水シートが貼られている

透湿防水シートとは、水は通さずに湿気を通すといった特徴を持ったシートのことです。

壁の中に湿気が溜まってしまうと、壁内で結露が起こってしまいます。これを内部結露というのですが、この内部結露が起こると木が腐ってしまい、建物の耐久度が落ちてしまいます。

透湿防水シートは、その内部結露を防ぐために用いられるのです。

 

さて、透湿防水シートの施工が終わった後に、今度は窓サッシを取り付けていきます。

窓サッシ取り付け後の様子を屋外から見る

窓サッシが取り付けられたことで、より「家」って感じがしてきましたね。笑

 

中から覗くとこんな感じです。

窓サッシ取り付け後の様子を屋内から見る

これらの窓サッシは、Low-E複層ガラスの2枚のガラスの間にアルゴンガスを充填している製品となります。

アルゴンガスは熱を伝えにくいといった性質があるため、窓の断熱性を高める効果があります。

窓は屋内の熱が外に逃げやすい部分でもあるので、窓の断熱性を高めることも、住みやすい家づくりのためには重要なことなのです。

 

窓が取り付けられた後のこの現場の様子を見て、私が最初に感じたことは「明るい」でした。

もちろん窓が取り付いたので、屋内が明るくなるのは当たり前のことなのですが。笑

そして窓を開けると風が抜けて、快適な空間を作り出してくれました。

 

 

当社が設計を行ううえで意識していることの一つとして、「光と風」があります。

家の中どこにいても光を感じられるように。(もちろんここで言う「光」とは照明の光という意味ではなく、外部からの自然光を意味します。)

そして窓を開ければ家の中を風が通り抜け、気持ちのいい空間を作り出すように。

 

「気持ちのいい空間」を作り出す家づくりが、住む人にとって重要なことだと私は思うのです。

 

 

といったところで今日はここまで!

また工事が進んだら進捗状況をご報告させていただきますね!

 

 

 

---あとがき---

 

『レインフォレスト・アライアンス マーク』

このカエルのマークが付いたコーヒーをコンビニで購入しました。

これは「自然環境や労働者の生活向上に配慮して生産を行っている農園に与えられる認証マーク」です。

それを知らなかった私はずっと、「これはスタバのパクリの製品」だと思っていました。

writer:Arata Iso